Butterflies of Taiwan
台灣蝴蝶羅申芳攝影集
2008年由資訊工業策進會出版
全書共216頁,180磅雪銅紙印刷
尺寸28cm*28cm
重量3.3KG

自序

    終於完成一本以蝴蝶為主題的攝影集,心中百感交集!希望美麗的蝴蝶影像,能夠豐富大家的生活。

回顧三年來,購置過三部旗艦級數位單眼相機(DSLR),按過十二萬次快門,跑過十萬公里,除了刮風下雨之外,幾乎都奔波在台灣各地的山野,整日與蝴蝶對話,雖然沒有聲音,不過意念的傳達倒是經常感應。

  還記得2004年秋天,利用假日登上七星山主峰,意外的發現黑端豹斑蝶停歇在巨石上,無視人群的擾嚷,快活享受著日光浴,讓我輕易的捕捉到牠的影像,心情也被觸動了,當即立志以蝴蝶的夢幻影像作為未來攝影的主題。

  2004年冬天,正式展開追蝶的夢。

    追蝶任務展開之前,努力研讀相關知識,並且了解蝴蝶的習性及棲息的地方,

    起初,鎖定新竹以北的山郊,作為追逐拍攝的範圍。

     2005年五月,台灣南端墾丁的追蝶行動,印象非常深刻,長尾波紋小灰蝶搭配圓葉洋莧,一幅如詩如畫的作品,令我陶醉!尤其,墾丁的夕陽映照在雲紋粉蝶身上,更是一絕。

     2006年春天,攝影重點放在桃園復興一帶,蝴蝶多、花兒更多,能夠拍攝的對象也跟著豐富起來,快門的次數累積也迅速倍增。

    2007年夏天開始,足跡遍佈南投埔里、梨山、大禹嶺、武陵農場、桃園復興、新竹的關西、尖石,尤其是為了已經被列入保育類蝴蝶的曙鳳蝶,奔馳到梨山、大禹嶺之間的碧綠溪,超過十二次之多,每次為了配合牠的出沒作息,凌晨兩點從台北摸黑出發,司空見慣。縱使颱風過後,山區路段崩塌,仍然勇往直前。

   也許是彼此心有靈犀的感應,每一次追蝶行動,總是驚喜連連,直到九月底,造訪武陵農場後,歸途之中,緩緩離開山區時,我深深的吸了一口氣,回頭對巨大的山巒,說了一聲,明年再來!

   蝴蝶作品定稿之前,心中的確有幾許掛念,因為我腦海裡仍有諸多的夢幻影像尚未呈現,總希望有更多的三年。

    九月底,前往復興鄉的角板山公園追蝶,天氣忽晴忽陰,繞了公園好幾圈,似乎見不到蝴蝶的影子,正在反覆思索時,不喜歡陽光的豹紋蝶,竟然出現在我跟前,而且陽光還直射牠的翅膀,斯時斯景,眼看牠的翅膀不斷開合,發現機不可失,迅速調升快門速度到五百分之一秒,屏氣凝神,對準目標,喀嚓喀嚓,不斷的連拍,就在百米之間不斷的追逐,前前後後經過一小時,或蹲或站,縱使汗水已經滲入眼睛,也只能挽起袖口輕輕拭去,一直到牠飛往山谷,我才放下心中的一個大石頭,滿足的踏上歸程。歸途中,不斷上演前述的那一幕景象,久久不去。

 

 

                               羅申芳於台北永和    2007年10月15日

 

 

Preface

  I am not only relieved but also delirious in fulfilling the dream of publishing the selected photo album of my work - “The Butterflies of Taiwan”, which I hope to enrich and inspire people’s life.

Looking back the past 3 years, I purchased 3 top of the line digital S.L.R. (single-lens reflex) cameras, pushed shutter at least over 120,000 times, traveled more than 100 thousand kilometers mostly all over the wilderness of Taiwan; carrying on dialogs with the butterfly silently, I convinced myself that we can communicate with each other by heart. 

 My memories of autumn in 2004 is still fresh that I was climbing on the peak of Mt. Chi-Sing near Taipei, I observed many Black-tipped Indian Fritillary (Argyreus hyperbius) butterflies surprisingly ignored the hiker’s passing by, resting still on the rocks,and seemly enjoying the sunbathing. At that moment, I captured the colorful image of butterflies and open a brand new door to my life. Since that moment, I have the vision of chasing the butterflies with my camera. That was the beginning of my fantasy with the butterflies. 

Before I started my mission of chasing the butterflies, I have researched and studied all about butterflies, trying to understand their behavior and learning about their living habitat requirements. For beginning, I only focused on the landscape north of Hsin-Chu as my field of photograph. In the winter of 2004, my frenetic dream of butterfly pursuit was on.

The unique sites in southern tip of Taiwan, Ken-Ting, where the impression of picturesque shot of the Silver Forget-Me-Not (Catochrysops panormus exiguous) on the round leaves of Love-Lies-Bleeding put me into the seventh heaven! The sunset of Ken-Ting reflected on the Plain Puffin (Appias indra aristoxemus) was even an extraordinary indescribable sight for me.

My foot-print of butterflies chasing could be traced all over Pu-Li of Nan-Tou, Li-San, Tayuling, Wuling Farm, Fushing of Tao-Yuan, Kuan-Si and Chien-Se of Hsin-Chu. For endangered butterfly species, Highland red-bellied swallowtail, I have climbed up and down the Pi-Lu Stream between Li-San and Tayuling more than 12 times.

With my mind still having much fantasy of butterfly out there, I hope this edition of “The Butterflies of Taiwan” is served as one milestone for the entire butterfly chasers.

 

 

                                Shen-Fang Lo, October 15, 2007 Taipei, Taiwan

序言

ようやく蝶の写真集を完成した。今、思いを馳せると少し複雑な気持ちになった。それらの蝶の影像は、皆様の生活を豊かにできればと考えておる。

これまで3年間に3台のデジタル一眼レフカメラ(DSLR)を購入、12万回シャッターを切り10万キロの道を走り、台湾各地の山野を歩き回り飛び舞う蝶と付き合っている。音声の枠を超へ蝶より伝わってきた意志は的確に私の心に響いている。

2004年の秋のことだったが七星山に登る途中、石に止まり周りの騒ぎを無視して日差しを浴びながら自分の世界に浸っているツマグロヒョウモンに偶然出会った。蝶の影像を捉えたが、心が感動すると同時にその一瞬の美しさを追い求めることを、将来の撮影のテーマに決めた。

蝶を追いかけ始めたのは2004年の冬だった。

  追いかける計画を実行する前に、その相関関係を数多く勉強しておいた。蝶の習性及び棲息する所を認識するため、最初には、新竹北部の山野を、蝶を追いかけまわってみた。

20055月台湾の南端にある墾丁の蝶の旅は印象強かった。太陽が西に沈みかけるところ、墾丁の夕暮れはモンシロチョウに映えて、絶妙な景色を作り上げてくれた。2006年の春、蝶でも花でも数多い、桃園復興の辺りへ移動。撮れる対象が多くなり、シャッターを押す回数も倍ぐらいに増えてきた。2007年の夏、南投埔里、梨山、大禹嶺、武陵農場、桃園復興、新竹的關西、尖石に歩き回った。さらに、アケボノアゲハを探るため、梨山と大禹嶺との間を流れる碧綠溪には、12回ぐらい足を運んでいた。台風の後、山道が崩れても、依然として何事にも負けず歩み続いた。

お互いの心が通い合うだろうか、毎回の蝶の追いかけにはいつも思いかけない発見があり面白かった。

 9月の末、復興郷の角板公園へ。天気が荒れ気味で、公園を何回にも回っても、蝶の姿が見つからなかった。怪しいと思うと、日差しが苦手なツマグロヒョウモンが不意に目の前に現れてくれ、さらに、光の中に羽を広げ・閉じ、ひらひらと飛び舞っている。偶然のチャンスをつかみ、500分の1秒のシャッタースピードで、じっくりと息を止めて、目標物を連続撮影した。前後1時間に蹲ったり立ったりして、汗が目に入ってしみても巻き上げた袖で汗を拭い、蝶が山谷へ飛び舞ってしまってからやっとほっとして、帰りの道に踏み出した。

それでも、この一幕は未だに未練がましく忘れられない。 Shen-Fang Lo, October 15, 2007 Taipei, Taiwan

追著蝴蝶跑 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()